「アレルギー」カテゴリーアーカイブ

免疫力を栄養素から高める

人間はセロトニンが不足すると、免疫力が低下します。セロトニンが不足する原因は、腸内環境が悪化すると起こります。それは腸内にはセロトニンが存在しているためで、セロトニンが不足すると便秘や下痢になりやすいです。

免疫力が低下すると基礎体温も低下し、平熱が36℃未満の低体温になってしまいます。平熱が低下すると、免疫力が30%以上も低下します。

こうなると、病気にかかりやすくなります。腸内環境を整えるためには、整腸作用のある食品を摂取する事です。それは発酵食品が効果的で、ヨーグルトであると乳酸菌があり納豆では納豆菌が入っています。

これらの栄養を摂取すると、腸内の善玉菌を増やす事が出来るので腸内環境が整えられます。こららの食品を摂取する時には、バナナや玉ねぎ等のオリゴ糖が含まれている食品も一緒に接種をすると善玉菌が増えやすくなります。

オリゴ糖は善玉菌を増やす餌になるので、増加するのです。漬物も発酵食品だが、塩分が気になるのでヨーグルトや納豆の方が良いです。

毎食発酵食品を取り入れるのが難しいならば腸内環境サプリのランキングを活用しましょう。サプリタイプで手軽に善玉菌を増やすことができます。

 

腸内環境をヨーグルトや味噌汁で整えてうつ病を治す

腸内環境を整えるのにヨーグルトを食べると、ヨーグルトに含まれている乳酸菌により整えられます。味噌汁には味噌が使われていて、味噌は発酵食品であるので腸内環境を整える効果があります。

うつ病にかかる人の中には、腸内環境が乱れている人が結構います。不安な事があったり、環境が変わったり等ストレスがあるとお腹が痛くなったりします。

うつ病の人の中には、過敏性腸症候群に罹っている人もいます。腸は脳内で感じ取った事を、敏感に表す事があります。そのため便秘や下痢になりやすいので、腸内環境を整える必要があります。

人間が幸せを感じるのは、セロトニンやドーパミンが深く関係しています。セロトニンは人間の身体の中にもあり、脳内には2%で腸内には90%存在しています。

セロトニンは 精神にも影響を及ぼすので、量が少ないとうつ病になりやすいです。このため、腸内環境が整えられるとうつ病も改善されるようになり元気な体になれます。

 

なぜ乳酸菌の摂取で痒みなどが解消されるか

多くの日本人は、肌の痒みなどで大いに悩んでいます。いわゆるアレルゲンなどが皮膚の中に入ってしまいますと、体調は大幅に軽くなってしまう事が多いです。いわゆるアトピー等で悩んでいる方々も、多数見られます。

ところでその問題に関する実験も、常に行われているのです。ある物質を摂取する事により、肌の痒みが改善される事も証明されています。乳酸菌がその1つになります。

もともとアトピー等の症状は、体内にある細胞が暴走しているのが一因です。アレルゲンが入ってくる事により、制御が難しくなってしまう訳ですが、乳酸菌はそれを整えてくれる役割があります。お腹の環境が悪くなりますと、腹内細胞も暴走する確率は高まってしまう訳です。

しかし乳酸菌を摂取する事により、少なからずお腹の中は良い環境に変化してくれます。それに伴って、様々な暴走状態も発生しづらくなる訳です。

ですからアレルギーが気になる時には、乳酸菌を摂取するのも一法と言えます。