即日融資のはずが翌営業日の融資となってしまうケースに要注意

銀行カードローンや消費者金融などの個人向け融資は利便性がとても向上しており、即日融資を利用できるサービスが増えています。

ただし、必ず即日で融資可能というサービスは存在せず、あくまで条件を満たせばその日のうちに借り入れができるというものです。サービスを提供する側としても信用問題に関わりますので、「即日融資可能」といった断定的なアピールはせず、「最短即日で融資可能」という表現が使われることが多いです。

無事審査に合格して、即日融資を利用できると期待して手続きをしたはずが翌営業日の借り入れとなってしまう代表的なパターンに、申し込み時間が遅すぎるというケースがあります。

特に銀行カードローンに多いですが、銀行振込で即日融資をするタイプのサービスは振込申請が金融機関の営業時間外の15時以降になってしまった場合は翌営業日の入金となります。

どうしても即日融資を利用したい場合は、自動契約機で即日カード発行ができるサービスを利用するのがおすすめです。

 

別人など注意すべき3つの点

クレジットカードには、いくつか注意点があります。主な要素としては、3つあります。

まず1点目ですが、審査がある点です。もちろんそれは、100%の確率で作れるものではありません。何か理由があって、お断りになるケースがあるのは、要注意でしょう。

2つ目ですが、別人などには注意が必要という点です。というのも海外の国では、なりすましなどの問題が発覚しています。全く別の方がそのカードを利用していて、金銭的な被害が生じる事もあるのです。それもかなり大きな被害が生じる事はありますので、悪用防止を考える方が良いでしょう。

それで3点目ですが、あまりWEBなどで情報を公開しない方が良い点です。上記のなりすましにも少し関わってきますが、あまり自分の情報を公開してしまいますと、誰かに悪用されてしまうリスクもあります。

当然それでは、お財布に関わる問題が生じかねません。それを防ぐ為にも、あまり情報を公開しないのが望ましいと思われます。

 

インターネットで消費者金融に関する情報を知るメリット

消費者金融から借りるとなると、インターネットで情報収集をするのが肝心です。それで有益な情報を得られるケースも、少なくないからです。

例えばネットでのシミュレーションなどは、有益な情報になり得ます。借りれるかどうかの目安を知りたい方々も多いですが、シミュレーションを用いれば、それを確認する事もできるからです。

それと総量規制などに関する話も、ネットで把握できる事があります。というのもその規制には、様々な例外があるのです。一定の条件をクリアしていれば、比較的まとまった額での融資を受けられる事もあります。

そして人によっては、ある程度まとまったお金が必要な事もあるのです。その時には、上記のような例外に関する話は、決して軽視できません。

そのような情報は、消費者金融の情報サイトなどでの特集で確認できます。その金融業者に関する豆知識などが掲載されている事もあるのですが、それに目を通しておくと、申込はかなりスムーズになる事が多いです。